Multiverse XR Viewer

提供: ディーズガレージ wiki
2022年5月10日 (火) 17:55時点におけるShogooda (トーク | 投稿記録)による版 (ユニティちゃん)

移動先: 案内検索

GLBとUSDZを作り<model-viewer>に組込みしてみます。

Multiverse XR

Ar qr.png

具合

GLB Draco圧縮
圧縮前 597MB÷36個=平均 16.6MB/個
圧縮後 117MB÷36個=平均 3.3MB/個

<model-viewer>
v1.11.0 アニメーション付きmodelの初期表示が異常 or モデル修正が必要
v1.10.1 正常

モデル
unity-chan! モーションStart/End未整理, モーフ未設定
curiosity_static view-src, glb-src 分けないとAndroidのARで問題
le_corbusier_lc2_1r 裏面形状未作成
hayabusa2 一部形状破損

調査

Horizon Worlds
niantic metaverse - Google 検索

日本各社のメタバース
メタバース - Google 検索
Metaのメタバース
Meta Metaverse - Google 検索
NVIDIAのオムニバース
NVIDIA Omniverse - Google 検索

KhronosGroup
glTF Project Explorer

名称の整理

Android
 └ ARCore
 └ Scene Viewer
  └ <model-viewer>
  └ GLB, glTF

iPhone
 └ ARKit
 └ AR Quick Look
  └ <model-viewer>
  └ USDZ

XR/WebXR
 └ AR/WebAR
 └ VR/WebVR
 └ MR

Universe
Multiverse 〇
Metaverse ● Meta
Xenoverse
Omniverse ● NVIDIA

AR対応デバイス

ARCore対応デバイス  |  Google Developers

Google検索のAR

Google検索 ARモデル一覧

Ar qr google.png

iPhone
1. Google アプリ インストール
2. 検索窓のカメラアイコンをクリック
3. 上記QRコードを読み取り、ウェブサイトを開く
4. お気に入りに登録

オーディオ付きARで動いてる
draco_decoderで動いてる

ファイル要件

四角形メッシュ: three.js 非対応, glTF 非対応

Scene Viewer
モデルのファイル要件  |  ARCore

ファイル形式 glTF2.0 / GLB
マテリアル PBR
テクスチャ 最大2048×2048
ポリゴン数 30,000~50,000 最大100,000
アニメーション 対応
マテリアル数 10 (アルファ付きは2枚まで)
マテリアル当たりのメッシュ数 1
ボーン数 最大254
頂点当たりのウェイト数 最大4
メッシュ当たりUV数 1
モデルサイズ 10MB

AR Quick Look
All about AR File Formats
公式に数値ないだろうか?

ファイル形式 USDZ
マテリアル PBR
テクスチャ 最大2048×2048
ポリゴン数 最大100,000
アニメーション 対応 最大10秒?
マテリアル数
マテリアル当たりのメッシュ数
ボーン数
頂点当たりのウェイト数
メッシュ当たりUV数
モデルサイズ

認識範囲

天井 ARマーカー
Scene Viewer
AR Quick Look ● ※1 ● ※2 ● ※3

<model-viewer> Examples and Documentation
※1 Apple Augmented Reality by Tutorials, Chapter 2: AR Quick Look
※2 https://twitter.com/cwervo/status/1283073772304633858
※3 AR Marker : Feature · Issue #1516 · google/model-viewer · GitHub

Piping Server

手本: https://size.link/
勉強: https://dz.plala.jp/ar_box/

動作テスト
GLTFExporter exporting model that show nothing at android Scene Viewer - Questions - three.js forum
Exported Model not working in AR mode · Issue #887 · google/model-viewer · GitHub

    const  options:GLTFExporterOptions  =  { 
      binary:true 、
      forcePowerOfTwoTextures:true 、
      forceIndices:true 
    } ;

Piping Server
GitHub - nwtgck/piping-server
ネットワーク越しでパイプしたり、あらゆるデバイス間でデータ転送したい! - Qiita

https://ppng.io/ (ランダム文字列) /box.gltf

intent:
Scene ViewerがCloudfrontの事前署名付きURLを読み込まない · google/model-viewer · GitHub
サポートされているintentパラメータ  |  ARCore

https://size.link/box.gltf?w=1&h=2&l=3&units=cm
https://size.link/1/2/3/cm/box.gltf
intent://arvr.google.com/scene-viewer/1.0?file=https://size.link/1/2/3/cm/box.gltf&resizable=false&title=1cm x 2cm x 3cm#Intent;scheme=https;package=com.google.ar.core;action=android.intent.action.VIEW;S.browser_fallback_url=https://size.link/#unsupported-device;end

ユニティちゃん

モーションを記録し3dxmaxで加工まで
Candy Rock Star - UNITY-CHAN! OFFICIAL WEBSITE

1. 開く
  Unity 2020.3.12f1
  Project: Scenes > Character Setup ダブルクリック
  Hierarchy: CandyRockStar > Inspector: Animator Apply Root Motion: OFF
  Hierarchy: Plane > OFF
  Hierarchy: LipSyncController > CandyRockStarの下層に配置
  Package Manager install FBX Exporter
  Package Manager install Unity Recorder
  Window > General > Recorder > Recorder Window
2. 記録
  Recorder Transform+MTH_DEF (口)

BLW_DEF (眉毛), EL_DEF (まつげ), EYE_DEF (目)
再調整中

VRoid

1. Unity 2020.3.12f1
  UniVRM v0.98.0 vrm取り込み
  最低限設定 VRMモデルでCandy Rock Star踊ってみた - Qiita
  Spply Root Motion > OFF (常に中央配置)
  Scene > Character Setup にVRMモデル配置
  Main CameraとVRMモデル以外非表示
  Unity RecorderでFBX書き出し
  フレーム数メモ(後のaudio加工の尺用)

2. 3dsmax
  不要なライト、カメラ、ダミーを削除しFBX書き出し

3. Unity 2019.4.11f1
  Unity 2020.3.12f1 からTexturesをコピー
  LegacyでFBX取り込み
  Plattar/gltf-exporter v1.93.0 glTF書き出し
  GLB Packer

4. Gestaltor Pro
  全て Double Sides, Alpha Node: Mask
  全て Emissiveなので外す
  全て Normalなので不要な物外す
  全て Convert Primitives to Meshes
  全て Draco圧縮
  全て Normal画像 > jpg変換
  Automation > Cleanup by Type > Nodes
  Automation > Cleanup by Type > Texture Coordinate Attributes
  Automation > Optomaize All > Animations
  ※極端に軽量化するが処理内容は未確認 42MB > 18MB
  Google Model Editor通すとValidation Error消える
5. <model-viewer>
  envmap 単色白

その他

VRM Humanoid FBX Export
https://twitter.com/hinzka/status/1505456861880881154

Javascript Motion Detect
https://gigazine.net/news/20211112-kalidokit/
https://www.moguravr.com/kalidoface-3d-2/
https://blog.tensorflow.org/2022/01/body-segmentation.html

フォトグラメトリ
LiDAR - Twitter検索
LiDAR - Sketchfab
デザイン向けの3Dフォトグラメトリソフトウェア | Unity
RealityCapture: Mapping and 3D Modeling Photogrammetry Software - CapturingReality.com
3DF Zephyr - photogrammetry software - 3d models from photos
Steam:3DF Zephyr Lite Steam Edition
Agisoft Metashape
GitHub - alicevision/meshroom

環境

オーサリング Unity, Gestaltor Pro
DCCツール 3dsMax, V-Ray, Substance Painter, HDR Light Studio
サーバ Piping Server (検討)

Unity

glTFast
GitHub - atteneder/glTFast
JPGがPNGに変換されてる?
都合悪い

glTF Importer/Exporter
GitHub - Plattar/gltf-exporter
Unity2019.4.11f1
JPG可

USDZ Exporter
GitHub - Unity-Technologies/usd-unity-sdk
Unity を使って iPhone 向けの AR コンテンツを... - 強火で進め
Unity2019.4以上

Gestaltor Pro

Releases – Gestaltor
2022.2.0
GLB Draco圧縮 安定
USDZ Export 不安定

3dsMax

Babylon.js exporters
GitHub - BabylonJS/Exporters
V-Ray AO Bake 参考
Ambient Occlusion Baking – Laurens Corijn

Substance Painter

shader settings and color profiles · google/model-viewer · GitHub

Docker

GLB > USDZ 変換向け
GitHub - google/usd_from_gltf - docker
補足: GitHub - google/usd_from_gltf
補足: glTF and USDZ – Sketchfab Help Center

Draco圧縮
Google and Pixar add Draco Compression.... | Google Open Source Blog
2022/03/31 待ち

ブラウザ

Viewer/Editor
Google Model Editor
Don McCurdy glTF Viewer
KhronosGroup glTF 2.0 Sample Viewer
PlayCanvas glTF Viewer

GLB Packer
GitHub - sbtron/makeglb

Twitterカード
Google 3D Twitter card

source

GitHub - google/model-viewer

index.html
index.php.txt
script.js
style.css
data.json
banner.html

CandyRockStar

https://dz.plala.jp/wiki_data/CandyRockStar.zip
https://dz.plala.jp/wiki_data/CandyRockStarZehi.zip
https://dz.plala.jp/wiki_data/CandyRockStar_VRM_B.zip

WebXR PWA.pngWebXR banner.png

更新履歴

  • 2022.03.31 全体見直し
  • 2022.01.06 全体見直し
  • 2021.09.11 Google検索 ARモデル 追加
  • 2020.05.13 ソース書き換え
  • 2020.05.10 アニメーション付きUSDZ追加
  • 2019.10.25 公開