RaspberryPiのStretch Liteでデスクトップ環境を作ってみる

提供: ディーズガレージ wiki
移動先: 案内検索

Jessie Liteにデスクトップ環境入れたらすごく快適だったのでStretch Liteで試してみます。

環境

ボード Raspberry Pi 1 Model B
OS Raspbian Stretch Lite 2017-08-16
microSDHC SanDisk Ultra microSDHC Class10 8GB
LAN 標準搭載の有線LAN

イメージ準備

参考: Google検索 - raspberry win32diskimager -
(省略)

入力環境準備

キーボードとモニターとLANを取り付け電源ON

インストール

raspberrypi login: pi
Password: raspberry

$ sudo raspi-config
  7.Advanced Options → A1 Expand Filesystem
  tabでFinishでreboot

raspberrypi login: pi
Password: raspberry

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
$ sudo apt-get install raspberrypi-ui-mods
$ sudo apt-get install fonts-vlgothic

$ sudo raspi-config
  3.Boot Options B1 Desktop/CLI → B4 Desktop Autologin
  4.Localisation Options
    I1 Change Locale → ja_JP.UTF-8でスペースキーで*印付けてtabでOK Default locale → ja_JP.UTF-8
    I2 Change Timezone → Asia → Tokyo
    I3 Change Keyboard Layout → Generic 105-key (Intl) PC → Other → Japanese → Japanese → The default for the keyboard layout → No compose key → No
    I4 Change Wi-Fi Country → JP Japan
  tabでFinishでreboot

追加アプリ

参考: Raspberry Pi 3にデスクトップ環境をインストールする
Termitという端末があるのでこれを使ってみる
raspi-configのGUI版

$ sudo apt-get install rc-gui

Text Editor

$ sudo apt-get install leafpad

ターミナル

$ sudo apt-get install lxterminal

ブラウザ

$ sudo apt-get install chromium-browser

圧縮解凍

$ sudo apt-get install xarchiver

RealVNC

$ sudo apt-get install realvnc-vnc-server

ホスト名

ホスト名変更

$ sudo leafpad /etc/hostname

変更

iot

ホスト名変更

$ sudo leafpad /etc/hosts

変更

127.0.1.1 iot

再起動

$ sudo reboot

IP固定

$ sudo leafpad /boot/cmdline.txt

末尾に(スペース空けて)追記

net.ifnames=0
$ sudo leafpad /etc/dhcpcd.conf

末尾に追記(設定内容は各ネットワーク環境により異なります。「Raspberry Pi IP固定」などで検索してみてください。)

interface eth0
static ip_address=192.168.1.188/24
static routers=192.168.1.1
static domain_name_servers=192.168.1.1

再起動

$ sudo reboot

遠隔操作

運用にはモニター、マウス、キーボードは必要ないので、この段階で遠隔操作にしてしまいます。
RealVNCが標準で入ってます。これを使用してみます。

デフォルトで有効になってないので

Menu→設定→RaspberryPiの設定→インターフェイスタブ→VNC有効→OK→再起動

何も考えずディスプレイを取り外しVNCに接続すると画面サイズが656x416となってしまいます。おまじないがあるようなので設定しておきます。

$ sudo leafpad /boot/config.txt
#hdmi_mode=1の下に以下を追加
hdmi_ignore_edid=0xa5000080
hdmi_group=2
hdmi_mode=47

参考: config.txt - Raspberry Pi Documentation

RaspberryPiをシャットダウン

モニター、マウス、キーボードを取り外して電源入れ直し

VNCクライアントから接続してみる
ホスト名で接続する場合、クライアントパソコンにはavahiかBonjourがインストールされている必要があります。
Windowsパソコンだけ問題になりやすく、簡単な方法はiTunesをインストールすることです。
ネット検索で「Raspberry avahi Bonjour」辺りで調べると詳しい事情が出てきます。

RealVNC Viewerの場合
VNC Server: iot.local または 192.168.1.188
Username: pi
Password: raspberry
Confirm: raspberry

成功していれば、以降はVNCクライアントの窓の中で作業できます。