RaspberryPiでSPY Server

提供: ディーズガレージ wiki
移動先: 案内検索

環境

ボード Raspberry Pi 3 Model B
OS Raspbian Stretch Lite 2017-11-29
microSDHC SanDisk Ultra microSDHC Class10 8GB
LAN 標準搭載のWiFi
DVB-T シャフトコーポレーション TV28Tv2DVB-T(R820T)
シャフトコーポレーション 放熱プレート+小型ヒートシンク
アンテナ ダイヤモンド D150 広域帯スーパーディスコーンアンテナ 50~1500MHz受信
その他 MJ/SMA-J変換アダプタ
GRIFFIN PowerMate USB

OSの準備

RaspberryPiのStretch Liteでデスクトップ環境を作ってみるの手順で準備
固定IPは192.168.1.188
hosts名はspyserver

SPY Serverのインストール

参考: RTL-SDR Tutorial: Setting up and using the SpyServer Remote Streaming Server with an RTL-SDR
参考: 上記のGoogle翻訳

$ sudo apt install rtl-sdr librtlsdr-dev
$ mkdir spyserver
$ cd spyserver
https://airspy.com/download/
SPY Server – SDR Server for 32bit ARM boards
This build can be used with Raspberry PI, Odroid and Orange PI single board computers.
$ wget -O spyserver-arm32.tgz https://airspy.com/?ddownload=4247
$ tar xvzf spyserver-arm32.tgz
$ sudo leafpad spyserver.config

48行目辺りを書き換え

#device_type = AirspyOne
device_type = RTL-SDR

実行

$ ./spyserver
SPY Server v2.0.1629 - http://airspy.com
Reading the configuration file: spyserver.config
Listening for connections on 0.0.0.0:5555

SDR#のインストール

WindowsPCで設定

https://airspy.com/download/
Windows SDR Software Packageをダウンロード

インストーラーがなくx86のようなのでC:\Program Files (x86)にsdrsharp-x86フォルダを作り、その中に解凍 実行

SDRSharp.exeをクリック
変更 ▼Source:Spy Server
変更 sdr://192.168.1.188:5555
再生ボタン▶を押す

SDRSharp.jpg

調整

参考: RTL-SDR Tutorial: Setting up and using the SpyServer Remote Streaming Server with an RTL-SDR
参考: 上記のGoogle翻訳

SPY ServerとSDR#の設定が書かれています。
(省略)

自動起動設定

$ crontab -e
Choose 1-3 [2]: 2

末尾に追記

@reboot /home/pi/spyserver/spyserver /home/pi/spyserver/spyserver.config

Ctrl+Xを押し、次に「y」を押して「リターン」で保存して終了
再起動

$ sudo reboot

SPY Servers

https://airspy.com/spy-servers/