差分

移動先: 案内検索

RaspberryPiでmobileNAS

2,480 バイト追加, 2019年2月14日 (木)
動作具合
|}
OpenMediaVault4使ってみます手のひらサイズのコンパクトなNAS作ってみます。 [[ファイル:Image_mobileNAS.jpg|240px]]
=='''環境'''==
{| class="wikitable" style="width:480px;"
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| ボード
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| Raspberry Pi 3 Model B+|-| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| 電源アダプタ| style="padding-left:10px;padding-right:10px;" | 5V 3A
|-
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| ストレージ
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;" | SanDisk Ultra microSDHC 16GBOS用<br />SanDisk Ultra Fit 128GB × 4個 RAID用
|-
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| USBストレージLAN Wi-Fi| style="padding-left:10px;padding-right:10px;" | SanDisk Ultra Fit 128GB × 4個標準搭載のLAN Wi-Fi
|-
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| 作業補助PC
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;" | Windows10 SSHクライアント ブラウザ<br />Ubuntu GParted
|}
 
=='''動作具合'''==
{| class="wikitable" style="width:480px;"
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;" |
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;" |
| style="text-align:center;" | 理論値
| style="text-align:center;" colspan="2" | 測定値 SMB Pi→Windows
|-
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;" | Pi3 ModelB
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| LAN
| style="text-align:right;padding-right:10px;"| 100Mbps| style="text-align:right;padding-right:10px;" | 88Mbps| style="text-align:right;padding-right:10px;" | 11MB/s|-| style="padding-left:10px;padding-right:10px;" | 標準搭載のLAN| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| Wi-Fi 2.4GHz| style="text-align:right;padding-right:10px;" | -| style="text-align:right;padding-right:10px;" | 36Mbps| style="text-align:right;padding-right:10px;" | 4.5MB/s|-| style="padding-left:10px;padding-right:10px;" | Pi3 ModelB+| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| LAN| style="text-align:right;padding-right:10px;" | 300Mbps| style="text-align:right;padding-right:10px;" | 176Mbps| style="text-align:right;padding-right:10px; background-color:#ffffe0;" | 22MB/s|-| style="padding-left:10px;padding-right:10px;" | | style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| Wi-Fi 5GHz| style="text-align:right;padding-right:10px;" | -| style="text-align:right;padding-right:10px;" | 72Mbps| style="text-align:right;padding-right:10px; background-color:#ffffe0;" | 9MB/s
|-
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| アクセスポイント比較用| style="padding-left:10px;padding-right:10px;" | 標準搭載のWiFi1000Base-T| style="text-align:right;padding-right:10px;" | 1Gbps| style="text-align:right;padding-right:10px;" | 880Mbps| style="text-align:right;padding-right:10px;" | 110MB/s
|}
 
* とにかくLANが遅い
* リソースの具合 [http://dz.plala.jp:8081/host/nas/ nas netdata dashboard 別窓]
* リソースの具合 [http://dz.plala.jp/iot-monitor/ IoT MONITOR 別窓]
* SanDisk Ultra FitがS.M.A.R.T.に対応していない mdadm monitorのメールで対応
* RAID管理画面でUSBメモリが選択できない コマンドの直接操作で回避
* mdadmが毎週日曜日AM1時にraid-checkを走らせDiskReadが高負荷状態になってる<br />3時間くらいかかる<br />不良セクタが検索され、見つかった場合は他のドライブのデータを使用して修正し、<br />読み取りエラーを返すセクタは再構築 をやってるらしい
* iTunesのホームシェアリングを使わずiPhoneから直接daap接続ができない Appleの仕様っぽい
* iTunesのホームシェアリングからWi-Fiでつなぐと接続に数秒間待たされる LANは快適
=='''下調べ'''==
* [https://sourceforge.net/projects/openmediavault/files/Raspberry%20Pi%20images/ https://sourceforge.net/projects/openmediavault/files- Browse /Raspberry Pi images/at SourceForge.netGoogle翻訳<br />RaspberryPi向けOpenMediaVaultはコレっぽい<br />Armbianで作られOSが成熟してないように見える hostapdですら普通に入らない OpenMediaVault 4 for Raspberry Pi 2B, 3B and 3B+ EtcherでSDカードを使用して、圧縮解凍せずに.img.xzイメージを書き込む:https* [https://etcher.io 最初の起動時にインストールが完了します。 忍耐強くお願いします。遅いSDカードと遅いインターネット接続(最新のバージョンにすべてのパッケージをアップデートするためにイン ターネットアクセスが必要)で20分かかることがありますのでご注意ください。 1回の自動再起動後、SDカードのアクティビティLEDが点滅を止め、ラズベリーパイは準備完了です! - openmediavault-flashmemoryプラグインは、SDカードの摩耗を減らすためにプレインストールされています。 - 最初の起動時にsshキーが生成されます。 - openmediavault 4 (Arrakis)です。 - 最初の起動時に4.9カーネルの最新の使用可能なバージョンに更新されます。(2018年3月から4readthedocs.14.30) - RaspbianではなくDebianio/armhfです。(RPi2または3にのみ対応) - 最初の起動時にSSHキーが再生成されますが、使用前にWebUIでSSHログインを有効にする必要があります。サービス -> SSH -> ルートログインを許可 - すぐにデフォルトのパスワードを変更してください! - データ使用のための3番目のパーティションは、最初の起動時に自動的にサイズが変更されますが、選択しfsで手動でフォーマットする必要があります! - デフォルトでRPi 3B+ Fast Ethernetは、不良なケーブル接続や不足電圧(ギガビットイーサネットが消費を増加させる)を防止するために使用されます。 この執筆時点では、RPi 3+のギガビットイーサネットはとにかく壊れています。 - すべての詳細は https:en/latest/foruminstallation/on_debian.html Installation on Debian &mdash; openmediavault4.org/index0.php0 documentation]<br /Thread/23065 >Armbian版OpenMediaVaultを使わずDebian版の要領でRaspbianにインストール* [https://translate.googlegoogleusercontent.co.jpcom/translatetranslate_c?sldepth=en&tl=ja&js=y&prev=_t1&hl=ja&ierurl=UTF-8&u=https%3A%2F%2Fforum.openmediavault.org%2Findex.php%2FThread%2F23065-Call-for-testers-OMV4-for-ARM-boards%2F&edit-text=&act=url Google翻訳] https://forum.openmediavault.org/index.php/Thread/18991 (OMV3) [https://translate.google.co.jp/translate?&sl=en&tlsp=janmt4&js=y&prev=_t&hltl=ja&ie=UTF-8&u=https%3A%2F%2Fforum://forum.openmediavault.org%2Findex/index.php%2FThread%2F18991/Thread/22415-NewRAID-approach-forwith-Raspberry-Pi-OMV-images/%3FpostID%2F3D172099&edit-textxid=17259,15700023,15700124,15700186,15700191,15700201,15700237,15700242,15700248&actusg=url Google翻訳] web interface: ALkJrhgWOfW4HK_r6nExoNS02ogq2UDeeA#post172099 ラズベリーパイとRAID - username = admin RAID - password = openmediavault consoleGoogle翻訳]<br /ssh: - username = root - password = openmediavault Source: readme.txt, updated 2018-07-22>RaspberryPiのUSBメモリでRAIDするな
=='''インストール'''==
===イメージダウンロードOS書き込み===[https://sourceforgewww.netraspberrypi.org/projectsdownloads/openmediavault/filesraspbian/Download Raspbian for Raspberry%20Pi%20images/<br />省略Pi]
===書き込み===https://etcher.io<br />圧縮解凍せずに.img.xzイメージを書き込むRaspbian Stretch Lite 使用<br />(省略)
MicroSD、モニター、マウス、キーボード、LANを取り付け電源ON ===起動ファイルシステム===microSDを挿し、有線LAN、HDMIケーブル、USBキーボード、USBマウス、電源を取り付け起動Piモニター raspberrypi login: pi Password: raspberry  $ sudo raspi-config 7.Advanced Options → A1 Expand Filesystem tabでFinishでreboot ===アップグレード===Piモニター raspberrypi login: pi Password: raspberry  $ sudo apt-get update $ sudo apt-get upgrade $ sudo reboot ===キーボード===Piモニター raspberrypi login: pi Password: raspberry  $ sudo raspi-config 4.Localisation Options I3 Change Keyboard Layout → Generic 105-key (Intl) PC → Other → Japanese → Japanese → The default for the keyboard layout → No compose key tabでFinish $ sudo reboot ===SSH有効化===Piモニター > ログイン raspberrypi login: pi Password: raspberry Piモニター > SSH有効化 $ sudo raspi-config 5 Interfacing Options > P2 SSH > <br Yes> > <Ok> tabでFinish $ sudo reboot ===OpenMediaVault===Piモニター > IP確認 raspberrypi login: pi Password: raspberry $ ifconfig WindowsPC SSHクライアント > TeraTermの場合 ホスト: 192.168.1.* ユーザ名: pi パスフレーズ: raspberry WindowsPC > SSHクライアント 入力 $ sudo nano /etc/apt/sources.list WindowsPC >SSHクライアント 末尾に追記Debian GNU<pre>deb http:/Linux 9 raspberrypi tty1が出たまま何も起こらないがドキュメントではこの状態が設定中の様子/packages.openmediavault.org/public arrakis main</pre>保存: Ctrl + o リターン<br />しばらく待つとドキュメント通り自動再起動した終了: Ctrl + x  WindowsPC > SSHクライアント 入力 raspberrypi login$ export LANG=C $ export DEBIAN_FRONTEND=noninteractive $ export APT_LISTCHANGES_FRONTEND=none $ sudo apt-get update $ sudo apt-get --allow-unauthenticated install openmediavault-keyring $ sudo apt-get update $ sudo apt-get --yes --auto-remove --show-upgraded --allow-downgrades --allow-change-held-packages --no-install-recommends --option Dpkg::Options::="--force-confdef" --option DPkg::Options::="--force-confold" install postfix openmediavaultIPが分からないので一度ログイン Postfix Configuration > <Ok> > No configuration ⏎  Complete the installation > Tab > <Ok>  $ sudo apt-get install resolvconf $ sudo omv-initsystem  $ sudo reboot Piモニター > SSH再接続できないので、とりあえずモニターでログイン raspberrypi login: adminpi Password: raspberry Piモニター > eth0のIP確認 $ ifconfig WindowsPC > ブラウザ 接続<pre> http://<IPアドレス> ユーザー名: admin パスワード: openmediavault文字がダラダラ流れる中にIPらしきものがある<br /pre>こんな感じ enx827eb3073e7WindowsPC > ブラウザ SSH再接続できないのを修正 アクセス権の管理 > ユーザー piユーザーを選択 > 編集 パスワード: raspberry パスワードの確認: raspberry グループタブ内のsshにチェック 保存 WindowsPC > SSHクライアント 接続 ホスト: 192.168.1.8* ユーザ名: pi パスフレーズ: raspberry 電源を落とし有線LAN以外全て取り外し電源ON WindowsPC > ブラウザ 接続 <pre> http://<IPアドレス> ユーザー名: admin パスワード: openmediavault<br /pre>多分IPは、192=='''Wi-Fiの有効化'''==参考: [https://www.168raspberrypi.1.8<br org/>forums/viewtopic.php?t=191061 Raspbian Stretch: Wifi not starting on boot - Raspberry Pi Forums]他のPCのブラウザにIPを入れ接続WindowsPC > SSHクライアント Login$ sudo nano /etc/network/interfaces末尾に追記 Language 日本語# wlan0 network interface Username adminallow-hotplug wlan0 Password openmediavaultiface wlan0 inet manual成功 wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf保存: Ctrl + o リターン<br />以降はWebUIで全て設定できるので電源落として有線LAN以外全て取り外して電源ON終了: Ctrl + x  $ sudo systemctl enable wpa_supplicant.service $ sudo reboot 有効化 $ sudo raspi-config 4 Localisation Options → I4 Change Wi-Fi Country → JP Japan tabでFinish $ sudo reboot
=='''システム'''==
===一般設定===
Nginxのwebサーバを80番ポートにしたいので管理画面は8080番に変更Nginxのwebサーバを80番ポートにしたいので管理画面は8080番<br />
Web管理
ポート: 80 → 8080
再接続
<pre>
http://<IPアドレス>:8080
ユーザー名: admin
パスワード: openmediavault
</pre>
一般設定 > Web管理者パスワード
パスワード: 0000
パスワードの確認: 0000
保存
右上▼ > ログアウト再接続<pre>===日付&時刻=== httpタイムゾーン:UTC → Japan または Asia//<IPアドレス>:8080Tokyo ユーザー名NTPサーバを使用する: adminON パスワード時刻サーバ: 0000pool.ntp.org → ntp.nict.jp</pre> 保存
===ネットワーク===
インタフェース<br />
LANの場合
 
追加 > イーサネット
一般設定
名前: eth0
IPv4 > メソッド: DHCP IPv6 > メソッド: 無効
保存
右上▼ > 再起動
 
Wi-Fiの場合
追加 > イーサネット
一般設定
名前: wlan0
Wi-Fi SSID Wi-FiAPの名前
Wi-Fi パスワード Wi-FiAPのパスワード
IPv4 メソッド: DHCP
IPv6 メソッド: 無効
保存
右上▼ > 再起動
 
再接続
http://nas.local:8080
ユーザー名: admin
パスワード: 0000
 
===日付&時刻===
タイムゾーン: UTC → Japan または Asia/Tokyo
NTPサーバを使用する: OFF → ON
時刻サーバ: pool.ntp.org → ntp.nict.jp
保存
===通知===
有効: OFF → ON
 
Gmailの場合
有効化: ON
SMTPサーバ: smtp.gmail.com
SMTPポート: 25 → 587
保存
確認 テストメールの送信 ===証明書電源管理===SSH 追加 > 作成モニタリング: ON ===モニタリング=== Create SSH certificate コメント有効: keyOFF
===アップデート管理===
保存
アップデート===プラグイン=== チェック 全て✔ アップグレード参考: [http://omv-extras.org/joomla/index.php/guides OMVExtras Installation From OMV web interface]<br />
===3.Raspbian Stretch Liteを使用しているのでFor OMV4.x (arrakis) openmediavault-Extras===omvextrasorg_latest_all4.deb をダウンロード<br />プラグイン設定前にやっておかないとプラグインインストールでエラーが出まくる4.OMV管理画面 > プラグイン項目<br /> アップデート 5.アップロードボタンでopenmediavault-omvextrasorg_latest_all4.deb をアップロード<br /> update アップデート 6.プラグイン一覧の下の方openmediavault-omvextrasorg 4.1.13を☑チェックしインストールボタン<br /> 7.OMV-Extras項目ができるので選択 アップデートボタン update omv-update アップデート > upgrade アップデート > dist-upgrade アップデート > apt clean バックポート > バックポートを有効化8.プラグイン項目から欲しいものをインストール
=='''ストレージ'''=プラグイン====方向性===大量に入れてみたらメモリ使用率が60%を超えてしまった<br />選別することにする<br />* USBメモリ4個 RAID5チェックで更新<br />* RAID管理画面でRAID構築できないのでmdadmで直接操作チェック✔してインストール<br />* USBメモリのRAID向けフォーマットもfdiskで直接操作
インストール===ディスク=== AdministrationUSBメモリ4個 UbuntuのGPartedでext4フォーマット<br /> openmediavault-shellinabox 3.4RaspberryPiに取り付け<br /> Backup openmediavault-backup 4.0.4 openmediavault-duplicati 4.0 openmediavault-rsnapshot 4.2.1 openmediavault-usbbackup 4.0.7-1 Downloaders openmediavault-downloader 3.6.2 openmediavault-transmissionbt 4.0 Filesystems openmediavault-remotemount 4.0.5 openmediavault-symlinks 3.1.4 openmediavault-webdav 4.0 Monitoring openmediavault-diskstats 4.0.2-1 Multimedia openmediavault-forkeddaapd 4.0.7-1 openmediavault-minidlna 3.3.11 Network openmediavault-ldap 4.0.6-1 openmediavault-nginx 4.0.3 openmediavault-pxe 3.12 openmediavault-sftp 3.1.6 openmediavault-snmp 4.0.4-1 Remote openmediavault-openvpn 4.0.1 Sharing openmediavault-tftp 4.0.4-1 Utilities openmediavault-anacron 3.0 openmediavault-apttool 3.5 openmediavault-autoshutdown 4.0.3 openmediavault-letsencrypt 3.4.5 openmediavault-resetperms 3.3 openmediavault-wol 3.4.1/dev/sda /dev/sdb /dev/sdc /dev/sdd が表示されればOK
インストールできるが入れない Network openmediavault-dnsmasq 3===S.1M.5 手動インストールするため必要なし openmediavault-route 4A.0R.4-1 手動インストールするため必要なし openmediavault-mysql 4T.1.1 なんか挙動が変 やめたほうが無難===SSHで確認 Utilities$ smartctl --info -d scsi /dev/sda openmediavaultSMART support is: Available -clamav 4device has SMART capability.1.7-1 メモリ使用量が多い openmediavault-cups 3.1.2SMART support is: Enabled Temperature Warning: Disabled or Not Supported
インストール失敗 $ smartctl -l selftest -d scsi /dev/sda Device does not support Self Test logging  openmediavault$ smartctl -shairport 4H -d scsi /dev/sda SMART Health Status: OK  $ smartctl -t short -d scsi /dev/sda $ smartctl -d scsi /dev/sda -X Self Test returned without error $ smartctl -l selftest -d scsi /dev/sda Device does not support Self Test logging 対応していないので設定しない ===RAID管理===作成 Devices connected via USB will not be listed (too unreliable).0 USB経由で接続されているデバイスは表示されません(信頼性が低すぎます)。 管理画面では作成できないのでmdadmから直接操作 SSH接続 SSHクライアント > TeraTermの場合 ホスト: nas.7local ユーザ名: pi パスフレーズ: raspberry USBメモリの確認 $ ls -l /dev/sd* brw-rw----1root disk 8, /dev/sda openmediavaultbrw-remotedesktop 4rw---- 1 root disk 8, /dev/sdb brw-rw---- 1 root disk 8, /dev/sdc brw-rw---- 1 root disk 8, /dev/sdd RAID用にフォーマット<br />sda sdb sdc sdd 4回繰り返し $ sudo fdisk /dev/sda Welcome to fdisk (util-linux 2.29.2). Changes will remain in memory only, until you decide to write them. Be careful before using the write command. Command (m for help): <strong style="color:red;">d</strong> Selected partition 1 Partition 1 has been deleted. Command (m for help): <strong style="color:red;">n</strong> Partition type p primary (0primary, 0 extended, 4 free) e extended (container for logical partitions) Select (default p): <strong style="color:red;">リターン</strong> Using default response p. Partition number (1-4, default 1): <strong style="color:red;">リターン</strong> First sector (2048-240254975, default 2048): <strong style="color:red;">リターン</strong> Last sector, +sectors or +size{K,M,G,T,P} (2048-240254975, default 240254975): <strong style="color:red;">リターン</strong> Created a new partition 1 of type 'Linux' and of size 114.6 GiB. Partition #1 contains a ext4 signature. Do you want to remove the signature? [Y]es/[N]o: <strong style="color:red;">y</strong> The signature will be removed by a write command. Command (m for help): <strong style="color:red;">t</strong> Selected partition 1 Partition type (type L to list all types): <strong style="color:red;">fd</strong> Changed type of partition 'Linux' to 'Linux raid autodetect'. Command (m for help): <strong style="color:red;">p</strong> Disk /dev/sda: 114.6 GiB, 123010547712 bytes, 240254976 sectors Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes Disklabel type: dos Disk identifier: 0x000ef5fb Device Boot Start End Sectors Size Id Type /dev/sda1 2048 240254975 240252928 114.6G fd Linux raid autodetect Command (m for help): <strong style="color:red;">w</strong> The partition table has been altered. Calling ioctl() to re-read partition table. Syncing disks. 確認 $ ls -l /dev/sd* brw-rw---- 1 root disk 8, 0 /dev/sda brw-rw---- 1 root disk 8, 1 /dev/sda1 brw-rw---- 1 root disk 8, 16 /dev/sdb brw-rw---- 1 root disk 8, 17 /dev/sdb1 brw-rw---- 1 root disk 8, 32 /dev/sdc brw-rw---- 1 root disk 8, 33 /dev/sdc1 brw-rw---- 1 root disk 8, 48 /dev/sdd brw-rw---- 1 root disk 8, 49 /dev/sdd1 RAID構築 $ sudo mdadm -C /dev/md0 -l 5 -n 4 /dev/sd[abcd]1 確認 http://nas.local:8080 ユーザー名: admin パスワード: 0000 RAID管理項目<br />clean,resycingが100%になったら完了
=='''ストレージ'''==
===ファイルシステム===
ドキュメントでは、MicroSDにデータ使用のための3番目のパーティションが自動で出来ることになっているが無い<br 作成 デバイス: Software RAID nas:0 [/>dev/md0, raid5, 343.49 GiB] ラベル: data ファイルシステム: EXT4 ステータスがオンラインになったら完了  RAIDデバイスを選択 マウント マウント済みが「はい」になったら完了 ===RAIDの監視===mdadm --monitorでRAIDディスクに障害が発生した場合にメール通知できる 都合がいいのでパーティションは切らない=何もしないテストコマンドを送れる様子
ドキュメントでは、USBストレージはfsでフォーマットとあるがext4にする<br />別にUbuntuを用意しGPartedでフォーマット調査中
===フラッシュメモリ===
Armbian版OpenMediaVaultではflashmemoryプラグインを入れている<span style="color:red">SSHを有効後に設定<br /span>同じにする
root@nasプラグイン項目 openmediavault-flashmemory 4.2.1 をチェック インストールボタン tmpfsの確認 $ df -h fstab<br />参考:~[https://wiki.archlinux.jp/index.php/Fstab# atime_.E3.82.AA.E3.83.97.E3.82.B7.E3.83.A7.E3.83.B3 fstab - ArchWiki atime オプション]<br />設定 $ sudo nano /etc/fstabよく分からないのでSWAPだけ設定 現状 PARTUUID=a481775c-02 / ext4 defaults,noatime 0 1 変更 PARTUUID=a481775c-02 / ext4 defaults,noatime,nodiratime 0 1 保存: Ctrl + o > リターン<br />↓キーで移動しコメントアウト終了: Ctrl + x  再起動 #$ sudo reboot swap無効化 Stretchの場合 $ sudo dphys-swapfile swapoff $ sudo systemctl stop dphys-swapfile $ sudo systemctl disable dphys-swapfile rsyslog停止 $ sudo systemctl stop rsyslog.service $ sudo systemctl disable rsyslog.service bluetooth停止 $ sudo systemctl stop hciuart.service $ sudo systemctl stop bluetooth.service $ sudo systemctl disable hciuart.service $ sudo systemctl disable bluetooth.service 再起動 $ sudo reboot 確認 $ systemctl list-unit-files -t service $ systemctl list-unit-files -t service|grep disabled $ systemctl list-unit-files -t service|grep enabled有効に戻すなら $ sudo systemctl enable rsyslog.service journald<br /var>参考: [https:/swap /sites.google.com/site/kandamotohiro/systemd/man-journald-conf-no-yi man journald.conf の訳] $ sudo nano /etc/systemd/journald.conf 追記 Storage=none swap sw 0 0保存: Ctrl + o > リターン<br />
終了: Ctrl + x
 
再起動
$ sudo reboot
=='''アクセス権の管理'''==
===共有フォルダ===
追加
名前: mydatadata デバイス: /dev/mmcblk0p3data [68.02 MiB (1%) used, 337.02 GiB available] パス: mydatadata/
パーミッション: みんな:読み/書き
保存
=='''サービス 抜粋'''=====Apple FilingFTP===
設定
有効: ON タイムアウト: 1200 → 0 rootアカウントでのログインの許可 OFF → ON パッシブFTP: ON 49152 65534
保存
共有 > 追加
有効: ON
共有フォルダ: mydata data [on /dev/mmcblk0p3data, mydatadata/] コメント保存 確認 FFFTPの場合 ホストの設定名: 空白mobileNAS ホスト名(アドレス): nas.local ユーザー名: pi パスワード: 空白raspberry ===SMB/CIFS===設定 一般設定 有効化: OFF → ON ローカルマスタブラウザ: ON → OFF 保存 共有 > 追加 有効化: ON 共有フォルダ: data [on data, data/] パブリック: ゲストのみ
読み込み専用: OFF
ゲストログイン参照可能: OFF → ON ゲストのパーミッションACLを継承: OFF → ON TimeMachineサポートパーミッションを継承: OFF ごみ箱: OFF ドットファイルを非表示: ON 拡張属性: OFF DOS属性を書き込む: OFF 監査: OFF
保存
 
確認
エクスプローラで\\nas
 
===SSH===
変更なし
 
=='''プラグイン'''==
===Shell in a box===
プラグイン > openmediavault-shellinabox 3.4<br />
設定
有効化: OFF → ON
保存
 
確認
https://nas.local:4200
https接続なのでブラウザの例外で許可
nas login: pi
pi@nas's password: raspberry
===DLNA===
プラグイン > openmediavault-minidlna 3.3.11<br />
設定
有効: ON
名前: MiniDLNA Server on OpenMediaVault → MiniDLNA ポート: 8200 Strict DLNA: OFF TiVoサポート: ON ルートコンテナ: 標準 ログレベル: エラーmobileNAS
保存
共有 > 追加
共有フォルダ: mydata data [on /dev/mmcblk0p3data, mydatadata/]
コンテンツタイプ: すべてのメディア
保存
確認
http://nas.local:8200/
===iTunes/DAAP===
プラグイン > openmediavault-forkeddaapd 4.0.7-1<br />
設定
有効: ON
ライブラリ名: %h - iTunes/DAAP ポート: 3689→ mobileNAS 共有フォルダ: なし → mydata data [on /dev/mmcblk0p3data, mydatadata/] 認証: OFF
保存
確認(iTunesの場合)
ライブラリをnas ホームシャエリングをON ライブラリをmobileNAS ===Apple Filing===プラグイン > openmediavault- iTunesnetatalk 4.0.7-1<br />設定 有効化: OFF → ON 保存 共有 > 追加 有効化: ON 共有フォルダ: data [on data, data/DAAP] ゲストログイン: OFF → ON ゲストのパーミッション: OFF → ON TimeMachineサポート: OFF → ON 保存
===Nginx===
プラグイン > openmediavault-nginx 4.0.3<br />
設定
有効: OFF → ON
ユーザー: www-data
グループ: www-data
エラーの表示: OFF HTMLエラー: ON 最大実行時間(s): 30 メモリ上限(MB): 128 最大POSTサイズ(MB): 8 最大アップロードサイズ(MB): 2 最大子プロセス: 5 サービス開始: 2 最小スペアサーバ: 1 最大スペアサーバ: 3 最大リクエスト: 0保存
サーバ > 追加
有効: ON
ディレクトリ: mydata data [on /dev/mmcblk0p3data, mydatadata/] ルートの使用: ON 公開ディレクトリを使用しますPHPを有効にする: OFF ホストタイプ: ポート ポート: 80 デフォルトサーバ: OFF SSLを有効にする: OFF PHPを有効にする: ON
PHP-FPMプール: www-data
デフォルトの設定: ON
インデックスの使用: ON index.html: ON index.php: OFF → ON Autoindex: OFF .htaccess: OFF
ログを有効化: ON → OFF
ヘッダバッファサイズ: 8k
確認
$ sudo nano /srv/dev-disk-by-id-mmc-SU08G_0xd2bc1f42-part3/mydata/index.php
 
<?php phpinfo(); ?>
 
http://nas.local
 
===Shell in a box===
設定
有効: OFF → ON
Linkify: none
ビープ: OFF
ターミナル設定 > 有効: OFF
保存
 
確認
https://nas.local:4200
https接続なのでブラウザの例外で許可
nas login: root
pi@nas's password: ******
 
===SMB/CIFS===
設定
有効: OFF → ON
ワークグループ: WORKGROUP
説明: %h server
ローカルマスタブラウザ: ON
時刻サーバ: OFF
ホームディレクトリ > 有効: OFF
参照可能: ON
高度な設定 > 追加オプション
write cache size = 524288 を write cache size = 102400
getwd cache = yes を getwd cache = no
保存
 
共有 > 追加
有効: ON
共有フォルダ: mydata [on /dev/mmcblk0p3, mydata/]
パブリック: ゲストのみ
読み込み専用: OFF
参照可能: ON
ACLを継承: ON
パーミッションを継承: OFF
ごみ箱: OFF
ドットファイルを非表示: ON → OFF
拡張属性: OFF
DOS属性を書き込む: OFF
許可するホスト: (空白)
拒否するホスト: (空白)
監査: OFF
その他オプション: (空白)
確認
エクスプローラで\\nas
新規作成 index.php
ソース <?php phpinfo(); ?>
===SSH===設定 有効http: ON ポート: 22 rootアカウントでのログインの許可: ON パスワード認証: ON 公開鍵認証: ON TCP転送: OFF 圧縮: OFF 保存//nas.local
確認 TeraTermで接続の場合=='''チューニング'''=====sysctl===Netdataでsoftnetの警告が必ず出る ホスト: nas過去10分間に、ksoftirqがsysctl net.localcore.netdev_budgetまたはnet.core.netdev_budget_usecsを使い果たし作業が残っている。これはパケットがドロップされる原因となる可能性があります。 TCPポート参考: 22 [https://access.redhat.com/sites/default/files/attachments/20150325_network_performance_tuning.pdf Red Hat Enterprise Linux Network Performance Tuning Guide]<OKbr /> ユーザ名参考: root パスフレーズ[https: openmediavault//github.com/netdata/netdata/issues/4624 Can't fix persistent 'netdev budget ran outs' with 45k alerts, need help #4624]
rootのパスワード変更を求められる
Changing password for root. rootのパスワードを変更
(current) UNIX password: openmediavault 現在のUNIXパスワード:
Enter new UNIX password: ****** 簡単なものにすると怒られる
Retype new UNIX password: ****** 同じもの ※以降のroot接続はこのpassなので注意
 
===WebDAV===
設定
有効: OFF → ON 共有フォルダ: mydata [on $ sudo nano /devetc/mmcblk0p3, mydata/] Filesize upload limit(MiB): 2 → 10000 確認 http://nassysctl.local:8080/webdav ユーザー名: admin パスワード: 0000conf
=='''アクセスポイント化'''==
標準搭載のWiFiをアクセスポイント化してみます
 
wlan0をDHCPから外す
$ sudo nano /etc/dhcpcd.conf
末尾に追記
denyinterfaces wlan0 net.core.netdev_budget_usecs=20000保存: Ctrl + o > リターン<br />終了: Ctrl + x
wlan0のIP固定再起動 $ sudo nano /etc/network/interfaces修正<pre># The loopback network interface auto lo iface lo inet loopback # eth0 network interface auto eth0 allow-hotplug eth0 iface eth0 inet dhcp iface eth0 inet6 manual pre-down ip -6 addr flush dev $IFACEreboot
# wlan0 network interface=='''ログ停止'''==allow====forked-hotplug wlan0daapd====iface wlan0 inet static address 10.0.0.1 netmask 255.255.255.0 network 10.0.0.0 broadcast 10.0.0.255<folder2ramで/var/pre>logが対象なので必要ないかも
===hostapd===インストール $ sudo apt-get install hostapd 新規作成 $ sudo nano /etc/hostapd/hostapdforked-daapd.conf<pre>interface=wlan0driver=nl80211ssid=なすhw_mode=gchannel=11ieee80211n=1wmm_enabled=1ht_capab=[HT40][SHORT-GI-20][DSSS_CCK-40]macaddr_acl=0auth_algs=1ignore_broadcast_ssid=0wpa=2wpa_key_mgmt=WPA-PSKwpa_passphrase=19191818rsn_pairwise=CCMP</pre> 書き換え $ sudo nano /etc/default/hostapdコメントアウト #DAEMON_CONF="" DAEMON_CONFlogfile ="/etcvar/hostapdlog/hostapd.conf" ===dnsmasq===インストール $ sudo aptforked-get install dnsmasq 新規作成 $ sudo mv /etc/dnsmasqdaapd.conf /etc/dnsmasq.conf.orig $ sudo nano /etc/dnsmasq.conf<pre>interface=wlan0listen-address=10.0.0.1bind-interfacesserver=8.8.8.8domain-neededbogus-privdhcp-range=10.0.0.50,10.0.0.150,12h</pre> ===iptables===書き換え $ sudo nano /etc/sysctl.confコメント削除<pre>net.ipv4.ip_forward=1</pre>実行 $ sudo sh -c "echo 1 > /proc/sys/net/ipv4/ip_forwardlog"新規作成<pre> $ sudo iptables -t nat -A POSTROUTING -保存: Ctrl + o eth0 -j MASQUERADE $ sudo iptables -A FORWARD -i eth0 -o wlan0 -m state --state RELATED,ESTABLISHED -j ACCEPT $ sudo iptables -A FORWARD -i wlan0 -o eth0 -j ACCEPT $ sudo sh -c "iptables-save > /etc/iptables.ipv4.nat"リターン<br /pre書き換え $ sudo nano /etc/rc.localexit 0の前に追記 iptables-restore < /etc/iptables.ipv4.nat終了: Ctrl + x
再起動
$ sudo reboot
=='''不具合の対処'''==OpenMediaVaultのシステム > ネットワーク > インタフェースで変更を加えるとinterfacesの記述が変更されてしまう<br />手動で修正削除 $ sudo nano rm -rf /etcvar/networklog/interfaces <pre># The loopback network interface auto lo iface lo inet loopback # eth0 network interface auto eth0 allowforked-hotplug eth0 iface eth0 inet dhcp iface eth0 inet6 manual pre-down ip -6 addr flush dev $IFACE # wlan0 network interfaceallow-hotplug wlan0iface wlan0 inet static address 10daapd.0.0.1 netmask 255.255.255.0 network 10.0.0.0 broadcast 10.0.0.255</pre>log
=='''確認'''==
<!--LANからアクセス-->
{| class="wikitable"
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| インターフェイス
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| IP
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| ユーザ名
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| パスワード
|-
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| Nginx
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;" | http://nas.local
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| -
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| -
|-
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| OpenMediaVault
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| 0000
|-
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| WebDAVDLNA| style="padding-left:10px;padding-right:10px;" | http://nas.local:8080/webdav8200| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| admin-| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| 0000-
|-
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| SSHNginx| style="padding-left:10px;padding-right:10px;" | http://nas.local| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| root-| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| ******-
|-
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| Shell in a box
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;" | https://nas.local:4200
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| rootpi| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| ******raspberry
|-
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| DLNASSH| style="padding-left:10px;padding-right:10px;" | http://nas.local| style="padding-left:820010px;padding-right:10px;"| pi| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| raspberry| -| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| FTP| style="padding-left:10px;padding-right:10px;" | nas.local| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| pi| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| raspberry
|-
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| SMB
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| -
|}
<!--
アクセスポイントからアクセス
{| class="wikitable"
|-
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| なす
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;" | 19191818XXXXXXXX
|}
{| class="wikitable"
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| インターフェイス
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| IP
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| ユーザ名
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| パスワード
|-
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| Nginx
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;" | http://10.0.0.1
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| -
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| -
|-
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| OpenMediaVault
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| 0000
|-
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| WebDAVDLNA| style="padding-left:10px;padding-right:10px;" | http://10.0.0.1:8080/webdav8200| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| admin-| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| 0000-
|-
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| SSHNginx| style="padding-left:10px;padding-right:10px;" | http://10.0.0.1| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| root-| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| ******-
|-
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| Shell in a box
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;" | https://10.0.0.1:4200
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| rootpi| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| ******raspberry
|-
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| DLNASSH| style="padding-left:10px;padding-right:10px;" | http://10.0.0.1| style="padding-left:820010px;padding-right:10px;"| pi| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| raspberry| -| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| FTP| style="padding-left:10px;padding-right:10px;" | 10.0.0.1| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| pi| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| raspberry
|-
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| SMB
| style="padding-left:10px;padding-right:10px;"| -
|}
<!--=='''ユーザ名変更'''==>
調整中
 
ユーザ名:admin パスワード:0000 に統一してみます<br />
参考: [https://jyn.jp/raspberrypi-username-change/ ユーザ名変更の個人的に「正しい」と思うやり方 | 純規の暇人趣味ブログ]
 
piユーザーでSSH接続
IP: nas.local
ユーザ名: pi
パスワード: raspberry
 
$ sudo useradd -M tmp
$ sudo gpasswd -a tmp sudo
$ sudo passwd tmp
Enter new UNIX password: 0000
Retype new UNIX password: 0000
passwd: password updated successfully
$ exit
 
tmpユーザでSSH接続
IP: nas.local
ユーザ名: tmp
パスワード: 0000
 
$ sudo usermod -l admin pi
[sudo] password for tmp: 0000
usermod: user 'admin' already exists ←###
$ sudo usermod -d /home/admin -m pi
$ sudo groupmod -n admin pi
$ sudo passwd admin
Enter new UNIX password: 0000
Retype new UNIX password: 0000
passwd: password updated successfully
$ exit
 
adminユーザーでSSH接続
IP: nas.local
ユーザ名: admin
パスワード: 0000
 
$ sudo userdel tmp
$ sudo rm /etc/sudoers.d/010_pi-nopasswd
$ exit
-->
=='''更新履歴'''==
* 2018.12.31 書き直し* 2018.12 .17 公開

案内メニュー