3Dプリンター 建築構造模型
2014年7月26日

3dprinter-house-001

ON
OFF
Exif情報
カメラ機種:Canon EOS 5D Mark III
レンズ  :EF16-35mm F2.8L II USM
焦点距離 :26.0mm
絞り値  :F16
シャッター:1/40秒
ISO感度:ISO2000
露出補正値:-2/3
フラッシュ:フラッシュ未発光
ドライブM:---
撮影モード:---
測光方式 :パターン測光
AFモード:---

オリジナル:5760x3840 , 2.7 MB , Download

3dprinter-house-002

ON
OFF
Exif情報
カメラ機種:Canon EOS 5D Mark III
レンズ  :EF16-35mm F2.8L II USM
焦点距離 :25.0mm
絞り値  :F16
シャッター:1/40秒
ISO感度:ISO1600
露出補正値:-2/3
フラッシュ:フラッシュ未発光
ドライブM:---
撮影モード:---
測光方式 :パターン測光
AFモード:---

オリジナル:5760x3840 , 2.4 MB , Download

3dprinter-house-003

ON
OFF
Exif情報
カメラ機種:Canon EOS 5D Mark III
レンズ  :EF16-35mm F2.8L II USM
焦点距離 :25.0mm
絞り値  :F16
シャッター:1/40秒
ISO感度:ISO3200
露出補正値:-2/3
フラッシュ:フラッシュ未発光
ドライブM:---
撮影モード:---
測光方式 :パターン測光
AFモード:---

オリジナル:5760x3840 , 2.3 MB , Download

3dprinter-house-004

ON
OFF
Exif情報
カメラ機種:Canon EOS 5D Mark III
レンズ  :EF16-35mm F2.8L II USM
焦点距離 :35.0mm
絞り値  :F16
シャッター:1/30秒
ISO感度:ISO2000
露出補正値:-2/3
フラッシュ:フラッシュ未発光
ドライブM:---
撮影モード:---
測光方式 :パターン測光
AFモード:---

オリジナル:5760x3840 , 2.3 MB , Download

建築模型で一度やってみたかった構造や下地全部入りの骨組だけ構造模型挑戦してみました。
スケール1/50、幅22センチ×奥行き14センチ×高さ16センチ。
最も薄い部材は0.3ミリほど。
ABS樹脂のせいか、この薄さでも製作可能でした。

製作手法はCPUのMADRIC・AD-1の3Dデータを一度3DDXFで書き出し。
映像製作の3Dソフト側で構造部材のみ取り出し。
ただ、AD-1の自動作製機能でも壁・天井・バルコニーの下地は自動生成されないようでモデリング修正加えてます。

住宅は外壁ALCの一般戸建て住宅。現在は竣工しています。
この模型はCADデータ提供いただいた方にプレゼントしました。
工務店でこんなサービスができる時代が来たかと思うとワクワクです。

オマケ1
CADデータを流用して360度パノラマ動画作ってみました。
http://dz.plala.jp/svr_video/

オマケ2
スマホDEバーチャルモデル パスワード0000で起動します。
http://dz.plala.jp/virtualmodel/

別案件ですが操作インターフェイスは完成してるので案件入れ替えだけでアプリ化して顧客に簡単提供できると思います。

Up Down Home